口笛の音をクリアーにする4つの方法

口笛を吹く上で、とても大切なのが唇のコンディションです。

実は唇が完全に乾いてしまうとプロの口笛奏者であってもクリアーな音を出すことはできません。しかし、原理上、空気の束が唇の間を通過する際に水分を奪ってしまうことが避けられないため、これらを何らかの方法でケアする必要があります。

また、以下に紹介する方法は、「口笛の音がかすかに出せるようになった方」や、「もっとクリアーで明瞭な音を出したい」という方にも役立つ内容かと思いますので、お悩みの方は是非参考にしてみてください♪

1.唇を水で潤す

唇が乾燥すると一般に、音がかすれ、クリアーなサウンドが得られません。そこで、演奏前にコップに入れた水を飲むなどして唇が十分潤った状態にしてから口笛を吹いてみてください。これだけでよりクリアーなサウンドが得られるはずです。

念のために書いておきますが、水を飲む目的はのどや口内ではなく、唇に水を接触させることなので、そのあたりを少し意識して水を飲んでみてください。

「俺だってお風呂でなら鳥鳴さんに負けねぇよ!」って言われたことが昔ありますが(笑)、お風呂で口笛が良く響くのは空間的な反響のよさだけが原因ではなく、湿度が100%に近いため、唇が乾かないことも大きな要因かと思います。

2.油で唇を潤す

口笛の音を明瞭にするためには、乾燥によって無数に生じる極微細な隙間をなんらかの液体で満たすことによって、空気の漏れを防ぐことが原理的に大切です。

当然、その液体は水に限らず、油であっても良いわけです。

油を使うメリットは、容易に気化しないため長く唇のコンディションを維持することが出来ることにあります。

実は私も、(いままで公開していませんでしたが)初期のレコーディングにおいてはエキストラバージンオイルで唇を潤してから録音を行っていました。油の種類によって粘度などが異なりますが、サラダ油、ゴマ油では駄目で、私の場合、エキストラバージンオイルがベストでした。

また、わざわざそのような手間をかけなくても、油っぽいラーメンを食べた後に口笛を吹いてみると、普段よりも鳴りが良いことに気が付くかと思います。

これはラーメンに含まれる油分が唇をコーティングし、微細な隙間を埋め、意図したアパチュア(唇中央の穴)だけから空気が流出することに拠っています。

3.リップクリームを塗る

水だとすぐに乾いてしまうし、油はベタベタして嫌だ、という方のために、最も手軽で自然な方法として、リップクリームを塗る方法も記載しておきます。厚く塗りすぎると音のコントロールが難しくなってしまいますが、音をクリアーにするという目的においては特に初心者に効果的だと思います。

スースーするのが嫌だという方は、メントールが配合されていないリップクリーム(多くは女性用)をドラッグストアなどで探してみてください。

*くちぶえ音楽院として推薦する「口笛用リップクリーム番付」のようなものも需要があれば広範に調査した上で記事をアップしたいと思いますが、現時点では絶対的にこれだ!といえるものは私も見つけられていません。

4.舌で唇を舐める

最後に、地味ですが、現実的に長い曲を吹く上でほぼ必須の方法をご紹介します。

方法といっても単に、「唇を舌でなめる」という単純なものです。

長い楽曲を吹く際には、口笛の気流によって唇の水分が奪われ、さらには音の芯が失われてしまうことを避けるために、間奏の間やパッセージの切れ目などで唇を舐めて唇の潤いを常に一定に保つことで最後まで音のコンディションを安定的に維持することが出来ます。

あまりあからさまにやってしまうとかなり失礼で、口笛の品位を下げることにもなりますので注意する必要がありますが、舌を出さずに唇を口の中に巻き込むようにすればそれほど気にはならないかと思います。

津軽海峡冬景色の動画だと1分34秒、2分53秒のところでその様子を確認することができますので、もし興味がありましたらどうぞ。

次のページへ≫