微分音を活用して情感を深めよう!

微分音(びぶんおん)というのは半音以下の狭い音程を指す専門用語ですが、正しく理解するためには若干の事前知識が必要なため、本題に入る前にまず音律などの知識を簡単に整理してみましょう。

音律とは?

音楽というのは簡単なわらべ歌から壮大な交響曲まですべて、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ、このわずか7つの階名だけで表現されています。派生音(シャープ、フラット)を合わせると12の音が存在します。

ドレミ・・・はイタリア式の表現で、ドを基準とした相対的な音の高さ=階名を普通あらわします。そのため、ある歌を移調して音の高さを変えても、階名で歌う場合には歌詞が変わることはありません。

一方、日本式のハニホヘトイロ、ドイツ式のツェー、デー、エー、エフ、ゲー、アー、ハーは、絶対的な音の高さを表す「音名」を意味するのが一般的です。オーケストラや吹奏楽など、多くの楽器が混在する演奏においては、楽器ごとに管の調性が異なるため「ドを吹け」と指揮者が指示しても様々な音が出てしまい困ってしまいます。そのため、全員で同じ音を出しピッチの均一性を確認するためには「ツェーを吹け」と指示する必要があるわけです。

さて、そんなドレミファソラシドですが、下のドと上のドを同時に発音すると、非常に透明感のある響きが得られます。

響きの透明度の原理は単純で、単純に割り切れる周波数比であるほど透明感のある響きとして知覚されるように人間の耳は出来ています。

ドレミファソラシドの下のドと上のドの周波数比はちょうど2で、1:2というごく簡単な整数比であるため同時に発音してもにごりが全く生じないというわけです。

さて、下のドから上のドまでの間を派生音を含めた12個の音に割って、それぞれの音の周波数を規定するときに、どのようにして割るかという問題が生じます。この割り方が「音律」です。

均等に周波数を割って、「隣の音との比が常に一定」になるようにしようとすると、下のドを1としたとき、12回掛け合わせて2になればよいのですから、当然、隣の音との周波数間隔は1:12√2 (2の12乗根)となります。

ただこれだと、本来透明感のある響きが得られなければならないはずのドとソの周波数比は、2:3とはならず、計算すると2:2.996614という割り切れない比となり、ほかの音程もドとド以外はすべて割り切れなくなってしまうという問題が発生します。

そこで隣り合う音の周波数比を不均一にして、完全に割り切れるように調整した音階が「純正律」と呼ばれる音律です。

ただしこれも、常にドの位置が決まっていれば美しいサウンドとなりますが、移調してしまうと音程間隔がばらばらになってしまうために、移調が出来ないという大きな欠点がありました。

そこで現在は、どの音程間隔も割り切れず多少のにごりがあるけれども、どの調に移調してもそれなりに良く聞こえる十二平均律と呼ばれる音律が広く使われるようになっています。

セントとは?

十二平均律を利用することで話を単純化することが出来ます。

つまり、すべての隣り合う音の周波数比は一定なので、さらにこれを単純に細かく分割することが可能になるわけです。

半音の幅を100に細分した単位がセントで、ある音から100セントピッチを上げれば半音上昇した音になり、200セント上げると全音上の音に、1200セント上げると1オクターブ上の音になります。

では、ある音から50セントだけ上げた音はどうなるのでしょうか?

この概念を説明するために必要となるのが、今日の本題、「微分音」です!

微分音とは?

ドを100セント上げるとド#になりますが、ドを50セント上げると、ちょうどドとド#の間の音が出ることになります。これを「四分音」と呼びます(四分音は微分音の一種です)。

表記としては普通のシャープ「♯」が縦線2本なので、シャープほどは上げないという意味で、縦線を1本だけにして「」のように楽譜上では表記します(ちなみに、シャープのさらに50セント上という意味では逆にシャープの縦線を3本にして表記します)。

この微分音というのが音楽表現上有用であることは間違いないのですが、実は聞き手を選んでしまう性格があり、ある程度音楽的に耳を訓練された方なら適切な微分音の利用は深く味わいのある表現に聞こえますが、器楽を数年経験した程度だと逆に不快な音に聞こえ、音楽経験の少ない方や聴くだけの方には違いが分からない場合が多いようです。

微分音を表現できる楽器は構造的に限られ、フレットの無い弦楽器やトロンボーンなどが代表的ですが、口笛でももちろん表現することが可能です!
*ちなみにフレットのある弦楽器でも弦を強く抑えたりチョーキングなどのテクニックを使うことで技術的には一応可能ですが、譜面上で指定されることは滅多にありません。

口笛に応用した具体的な例として、以下の動画を聞いてみてください。

どうでしょうか?

1コーラス目が終わる「心配要らないと笑った」の心配の「し」、要らないの「い」、笑ったの「わ」で連続して微分音が使われていることがお分かりいただけるでしょうか?

人によってはピッチがずれているように聞こえるかもしれないですし、逆に非常に深い情感をこのフレーズから感じていただけるかたもあるかと思います。

微分音を体験しよう!シンセ音源を用いた音色サンプル

難解な説明が続いてしまい「もう良く分からん!」という方、大丈夫です、ご安心ください!

以下のサウンドサンプルは人工的に正確な周波数を音声化したものです。

今回は説明を簡略化するために440Hzを基準に考えてみます。

まずは440Hzの音を聞いてみて下さい。


次に、880Hzの音です。前に説明したとおり、周波数が2倍になると1オクターブ上がるということが音を通してより具体的に理解できると思います。


では次に、440Hzの音と、100セント上げた音(466.16・・・Hz)を続けて聞いてみましょう。


前に100セント上げると半音上がるというふうに言葉で説明しましたが、確かに、半音上がっていることが音で確認できますね。

さて、次はいよいよ本題です!

440Hzの音から半音上がる前に、50セント上げた四分音(452.89・・・Hz)を挟んで聞いてみます。


どうですか?慣れないとなんとも気持ちの悪い音に聞こえるかもしれませんが、四分音単位で音が上昇していることが確認できたのではないでしょうか?

最初の音に対して3つ目の音が先ほどと同じ半音上の音なので、2つ目の音は四分音だけ上の音ということになり、これは一般的なピアノでは実現不可能な「二十四平均律における音階の一部」になります。

ついでなので、普段聞きなれた十二平均律と、二十四平均律を聞き比べてみましょう!

十二平均律では(これはあたりまえですが)半音単位で音が上昇します。


これは普段聞きなれた音で構成されているので違和感等も感じられないと思います。

次は二十四平均律で、四分音単位で音が上昇するサウンドです。


どうでしょうか。最初はなんとも聞きなれない感じがする方が多いと思いますが、何度も聞き込んでいくと、十二平均律と同様に相対音感が養われ、二十四平均律でいうところの何番目の音なのかが分かるようになり、演奏でも正確なコントロールが出来るようになってきます。意外とネットでもこの手のサウンドサンプルは少ないようなのでお役に立てば幸いです。

*説明を簡略化するためにオクターブを24等分した音律を二十四平均律とここでは読んでいますが、厳密な意味においては二十四平均律は十二平均律の延長にあり、十二平均律を完全に包含するため、二十四平均律という定義自体があまり意味を成しません。平均律にはほかにオクターブを15等分した十五平均律、17等分した十七平均律などもありますが、これらは独特の周波数セットを持っているため十二平均律とは全く異なる音律になります。

微分音活用のポイント!

微分音、このレッスンで実例を交えながら何度も説明したとおり決して万人受けするものではないのですが、「通」にしか分からない、「通」なら分かる、といった仕掛けを楽曲に入れておくのも江戸っ子らしく「粋」で良いのではないでしょうか^^

取り入れる上でのポイントは1つだけ!とにかくコードの構成音など、その小節で核となる音では使わないことです。

ここで微分音を使うと高確率で「ピッチが正しく取れておらず演奏技術が未熟」という印象を与えることになります。

一方で、音の出だしの装飾音や、短めで和声から外れた音、拍の裏などではその違和感が感じられにくく使いやすい上に、音楽的な印象を高める上でも特に効果的です。

深い情感を表現するためのひとつのテクニックとして「微分音」、是非お試しください!

次のページへ≫