イントロダクション

口笛奏者 鳥鳴響のインターネット口笛教室へようこそ!

この講座では口笛の音の出し方が分からないという初心者から、すでに口笛をある程度自在に操ることが出来る上級者までを対象に幅広く口笛に関連したテクニック、コツをご紹介します。

口笛講座の目的

口笛は口の中だけで全ての動作が完結してしまう特性があるため、うまい口笛奏者の口元をいくら観察しても口の内部でどのような処理がなされて音が形成されているのかを解明することはほぼ不可能で、特に特殊な奏法のノウハウはこれまでほとんど公開されていませんでした。

口笛奏者にとっては、技術を盗まれにくいことがメリットにもなりうるのですが、逆に口笛の普及という観点からはこれが大きな弊害になってしまっています。

この講座はそのノウハウを広く一般に公開することで、口笛音楽の普及振興の一助となることを目的としています。

口笛音楽の魅力

さて突然ですが、口笛と聞いて、皆さん何を思い浮かべますか?

『上機嫌』『しらんぷり』『ほのぼの?』・・・人によってさまざまなイメージがあるかと思いますが、『音楽』というイメージが浮かぶ方はもしかしたら少数かもしれません。

まだ口笛による音楽を聴いたことが無いという方は、講座の本題に入る前に是非、上のメニューからYouTubeにアクセスしてみてください。手前味噌で恐縮ですが、口笛音楽の世界の広さを体感できると思います。

では口笛奏者が特殊なのかといえば全くそんなことはありません。口笛奏者といっても口笛アーティストとして純粋に生計を立てている方は世界的に見てもほとんどいませんし、多くはサイドビジネス、もしくは趣味の延長として口笛を楽しんでいるに過ぎないのです。

つまり、このサイトを見てくれているあなたも、コツを習得して練習さえすれば、全く同じように音楽的な表現を口笛で行うことが出来るようになるのです!

口笛は他の楽器と違って一切の準備が必要なく、思い立ったらすぐ・・・そうです!あなたが今この記事を読んだ瞬間から練習をはじめることが出来る、人にもっとも身近な楽器です。

他の楽器と違って体の一部で音を作り出すため、その時々の感情をダイレクトに音として表現する特性に優れていて、その美しい独特なサウンドは小鳥のさえずりを連想させ、ヒーリング効果が非常に高いともいわれています。

一方、手軽でありながら、極めるには相当な訓練が必要で、一般楽器と同じか、それ以上の深みもまた併せ持っているのが口笛の興味深いところです。

長くなってしまいましたが、以降、テーマごとにコンテンツを分けて解説したいと思いますので、口笛音楽の世界をどうぞごゆっくりお楽しみください。

次のページへ≫