ルーフ奏法(パラタル奏法)とは?

ルーフ奏法(パラタル奏法)は口をあけた状態で口笛の音を発音することが可能な特殊奏法です。

修練の度合い次第ではありますが、パラタルサウンドはノーマル奏法と歯笛のちょうど中間的な位置にあり、歯笛ほどの息っぽさもなく、ノーマルほどの音の堅さもない、比較的上品な音色が特徴です。

他の奏法と比較してはるかに高度な制御技術が必要とされるため、日本人でこれが出来る奏者は片手で数えるほどしかいないように思います。
(海外奏者のYouTube映像が残されていますが、少なくとも私はまだ出来る人に会ったことがありません)。

そもそも口をあけたまま口笛の音が出せるルーフ奏法の仕組み自体が長い間解明されておらず、この奏法を独自に習得したごく少数の奏者もそのノウハウをほとんど公開していませんでした・・・
今回は、そんなルーフ(パラタル)奏法のノウハウをここに公開したいと思います!!!

ルーフ奏法(パラタル奏法)の方法を大公開!

ルーフ奏法では上あごと舌を利用してイニシャルノイズ(音の元、空気の乱れ)を作り出し、舌と上あごの間の空間を利用して音を反響、増幅させ、可聴音を形成しています。

つまり、ルーフ奏法では口をすぼめる代わりに、舌をやや奥に後退させ、舌の中間~先端を利用して口内の上側と舌の間に一定の隙間を作り、ここに息を流して音を作り出します。
口を一定の大きさに開けなければならない理由も特に無く、口の内部の環境さえ適切であれば音を出すことが出来るため、口の開け方についてはそれほど意識する必要はありません。

最大のポイントは、口内での反響(音の増幅)がノーマル奏法などと比べて圧倒的に少ないため、舌で可能な限り大きなイニシャルノイズを意識的に生み出すことです。

唇をすぼめるノーマル奏法の場合は、口の奥のほうでイニシャルノイズを作り出して、それを口内で反響(増幅)させることによって大きくクリアーなサウンドを作り出すことが出来ますが、口をあけた状態で発音するルーフ奏法の場合には、反響に使える空間が舌と上あごの間しかなく、その隙間(漏れ)も大きいために、イニシャルノイズが不十分だと聞き取れる音にはなかなかなりません。

パラタル奏法はかなりコントロールの難しい技術ですが、それ自体が音楽的に魅力あるサウンドであるばかりでなく、歯笛と同様に、口の内部の精密なコントロール感を養う上で、非常に良い訓練にもなり、ノーマル奏法の技術向上にも役立つと思いますので、機会があったら是非練習してみてください。

次のページへ≫