タッピング奏法

タッピング奏法は唇を指先でリズミカルに叩きながら口笛を吹くことにより、高速な音の遷移を可能とする特殊奏法です。

高速なブレスコントロール、あるいはウォーブリング等の技術修練によって類似の表現が可能となる場合もありますが、それとは質的に異なる独特なニュアンスを楽曲に与えることが出来ます!

今回はタッピング奏法を中核として各地でライブ活動を行っている「くちぶえ吹きのまっちょ」さんを特別ゲストにお迎えして、タッピングについて解説していただきました。

まずはこちらをご覧ください。

タッピング奏法の方法

口笛の技術は外見的に分かりづらい場合が大半なのですが、タッピングの場合は動画を見ていただければ大まかな動作に関してはご理解いただけるものと思います。しかし実際にやってみると指の角度やタイミングなど、意外とコツが必要であることに気が付くはずです。

そこで今回は動画だけでは分からないコツやポイントについて「くちぶえ吹きのまっちょ」さんに伺ってみました。

叩く位置について詳しく教えてください

私の場合は、上唇の上側中央の部分を叩いています。目安としては、上唇のくぼんでいる部分と考えれば良いでしょう。

タッピング奏法においては、指で唇を叩くことで空気の通る穴(アパチュア)を開閉することによって音を区切っています。どこを叩けば最もアパチュアの開閉がスムーズになるかを考えた結果この位置になりました。しかし、個々によって最適なポイントは微妙に異なりますので、練習の中で自分のベストポジションを見つけて頂ければと思います。

叩く指に関するコツを教えてください

私は基本的に中指と人差し指を交互に使って唇をタップしています。中指は指のリーチが長いためアパチュア開閉のコントロールがしやすく、人差し指からではなく中指から叩くほうが成功しやすいです。

その他のコツはありますか?

一つ目の音はタップしないことがコツです。すなわち、連符の一つ目の音は普通に発音し、二つ目の音から中指→人差し指→中指・・・と交互に叩いて発音しています。

一つ目の音からタップしない理由は、最初に音を出すタイミングとタップのタイミングを合わせることが非常に難しいからです。逆に、音を伸ばしている状態でタップのタイミングを合わせることはそれほど難しくありませんので、結果として二音目から叩いたほうが成功率を上げることが出来るのです。

また、指の角度についてですが、ピアノを弾く時と同様、少し指を立てるのがコツです。ただし、指を立てすぎると上唇に当たる指の表面積が小さくなりすぎてアパチュアのスムースな開閉が困難になってしまう場合がありますので注意してください。指先と指の腹の間の部分が最適だと思います。

タッピングの魅力とは?

練習に取り組みやすいことが最大の魅力だと思います。ウォーブリングやその他の技術を組み合わせることでも高速な音の遷移が可能ですが、これらの技術をマスターするのは決して容易ではありません。タッピングももちろん習得には一定の練習が必要ですが、相対的に技術的な敷居は低いように感じます。

口笛の技術としては珍しい「外見的に確認できる奏法」なので、技術指導がしやすいことも利点の一つであると思います。

また音楽的な意味において、タッピングによって他の奏法では実現困難な音の分離感を演出することが可能となり、既存の口笛表現の幅を拡大するのに有用であることも大きな魅力でしょう。

最後に

くちぶえ吹きのまっちょさん、詳しい解説をありがとうございました!この記事を読んで「技術は知っていたけど思った以上に奥が深い!」と思われた方も多いのではないでしょうか。

タッピングは比較的新しい技術でまだまだ大きなポテンシャルを秘めた技術といえるように思います。是非積極的に自身の演奏に取り入れ、口笛表現の幅を広げる一助としてください!

次のページへ≫