ウォーブリング奏法

ウォーブリング奏法は階段状に急速にピッチ(音程)を変化させることが可能な特殊奏法です。

*以前紹介したポルタメントとは全く逆のニュアンスです

まずはウォーブリングを聴いてみてください。

階段状にピッチが鋭角に変化していることがお分かり頂けたでしょうか?
比較のために、ノーマル奏法で吹くとこんな感じになります。


明らかに聞こえ方が違いますよね?ノーマル奏法ではこのようにピッチを階段状に変化させるためには必ず音の切れ目が発生してしまいます。

音の切れ目を発生させないようにしてノーマル奏法で吹くとこんな感じになります。


これは先ほどと違って音の切れ目こそありませんが、ピッチ変化が滑らかで、ポルタメント状に音が遷移しています。

以上、3つの例を聞き比べていただければ、ウォーブリングでしか表現することの出来ない音のニュアンスがあることを十分にお分かりいただけたかと思います。

ウォーブリングの原理と利用法

ウォーブリングには大別して2つの原理が存在し、口内の容積を全く変化させずに息の流速等によって倍音を生み出す方法、また別の方法として、舌や頬を活用して口内の容積を急速に変化させることにより別の音程へと瞬間的に変化させる方法があります。

前者に関しては、トランペットなどの管楽器でも、バルブを全開放した状態で(バルブを全く使わなくても)ド、ソ、ド、ミ・・・と倍音を辿って息遣いだけで音色を変える事が出来るのですが、発音原理としてはこれとまったく同じものです。

口笛の場合も舌の位置など口の内部の形を全く変える必要なく音程を変化させることが出来るため、高速な音の遷移が可能で、簡便に早いパッセージを吹くのに適しています。

また後者、すなわち舌先や頬を利用するなどして瞬間的に口内の容積を変化させることにより急速な音程の変化を生み出すタイプのウォーブリングにおいては、倍音の制約を超え、より自由で音楽的な表現が可能となります。さらに訓練によりド→レ→ミと連続して吹くことも可能で、また、急なピッチ変化という特性を利用して、トリルを口笛で表現するためにもしばしば応用されます。

ウォーブリングの方法

ウォーブリング奏法は発音技術的にいくつかの型に細かく分類されますが、今回紹介する方法は、後述するアタック奏法に似た原理で空気を頬の内側(歯の外側)にまで流し込み、口内の空間を通常より大きく確保することで、倍音が生じやすい環境を整える方法です。

そのような状態で普通に口笛を吹いていると、何かの拍子に意図せず音が反転して裏返ってしまうことがあると思います。

その裏返りを正確にコントロールする技術がウォーブリング奏法の技術そのものなので、偶然きっかけをつかんだら、その音の裏返りを完全にコントロールできるように反復練習しましょう。

このようにしてウォーブリングのコツをつかむと、わざわざ頬の内側に空気を回さなくても、次第に音の裏返りをよりナチュラルにコントロールすることができるようになります。

先日日本で開催された国際口笛大会(IWC2014)においてもウォーブリング奏法を活用した演奏が上位に入賞し、これまでの口笛の既成概念を打ち破る「価値ある技術」として大きな注目を集めました。一昔前までは出来る奏者はごく限られていて、発音ノウハウも明かされていなかったのですが、いまでは得意な奏者も多く、それほど珍しいものではなくなりつつあります。

次のページへ≫