口笛の録音、なにで録る?

口笛講座で口笛の技術を身につけたら、やっぱり録音して練習の成果を残したいものですよね!

このレッスンでは、「口笛録るなら黙ってこのメーカーのこの品番が買い!」みたいな・・・どこか怪しげな情報には触れず、そもそもどんな機材を使う選択肢があるのかについて大枠を紹介してみたいと思います。

それぞれのニーズや環境にあったものを正しく選びましょう!

ホームビデオカメラ

最近は家庭用ビデオカメラで映像と音声を同時に録画してYouTubeなどに公開するのがとても一般的になりました。

私も使用している(←あ、口笛用ではないです^^;)某有名ブランドの最新版ではビデオカメラとスマホの連携やYouTubeへのアップロードなどが、一連の操作として、とても簡単に出来るようになっていたりします。

機械は苦手だけど、趣味として、とにかく楽しく、手軽に!という目的であれば一番のお勧めです!

もちろん、音楽専用機材ではないので、プロのような音の仕上がりは期待できませんが、ビデオカメラ内蔵マイクで録音するのではなく、外部マイク端子に別売りの外付けマイクを装着することで、それなりにクオリティの高い録音も可能です。

リニアPCMレコーダー

映像は要らない、音にこだわりたい!という方にお勧めなのがこちら。

いわゆるmp3レコーダーですが、mp3レコーダーには大きく分けて会議用のものと音楽用のものが市販されています。

音楽用途の場合は、必ず音楽専用の高音質な音で録音が可能な製品を選びましょう。

インターネットの製品情報ページなどをみると、高性能なマイクが付属することを売りにしている製品が多いのですが、ハイエンドなものではコンデンサーマイクを外部接続するためのXLR端子まで装備しているものもあり、極めて高品位な音を手軽に楽しむことが出来ます。

XLR端子の有無に関わらず、もともと音楽を録ることを目的に回路が設計されているため、家庭用ビデオカメラで録画するよりは遥かにクリアーなサウンドが得られます!

DAWシステム

本当に音にこだわるのであれば、選択肢はこれ以外ありえません!(私も使ってます)

DAWというのはDigital Audio Workstationの略で、レコーディングスタジオに備え付けられている機材一式をイメージしていただければわかりやすいと思います。

具体的には(最小構成として)パソコン、ASIO対応オーディオインターフェイス、外付けマイク、DAWソフトウェア、モニター用スピーカー、レコーディング用ヘッドフォン、ケーブル類を組み合わせて構築します。

全てのパーツを自由に組み合わせることが可能で、商用にもそのまま使えるレベルの専門的な音作りが楽しめます。

DAWは直感的に操作可能な一般的なソフトウェアと違って、操作に相応の専門知識が要求され、またネットではほとんど情報が手に入らないこともあって、万人にお勧めできるものではないのですが、音楽に対する情熱なら負けない!というあなたにはお勧めです!

まとめ

以上、3種類の録り方を紹介させて頂きました。

音のクオリティでいえば、ホームビデオカメラ < リニアPCM < DAWですが、手軽さは全くその逆です。

初めての方はまずホームビデオカメラで撮影して公開するところから始めてみてはいかがでしょうか?

その後、ステップアップする場合にもYouTubeなどに投稿するためには映像が必要になりますので、映像はビデオカメラ、音声はDAWで録音してソフトウェア上で1本の動画として組み合わせて利用すれば、ビデオカメラも無駄になりません♪

次のページへ≫