伴奏音源使用上の注意(著作権)

機材を揃えて、口笛マイキングテクニックも習得して、口笛アカペラの録音ができるようになったら、あとは伴奏を用意してソフトウェア上でミックスし公開するだけなのですが、しばしば著作権的に問題のある楽曲がYouTubeに投稿されているのを見かけます。

CD音源をそのまま作品として一般に公開するのは論外ですが、著作権者に無許可で市販CDに収録された伴奏音源を使ってネットに投稿することも原則として違法です。

また、自分でいわゆるマイナスワンソフトウェアなどを利用して市販音源のボーカル部分をカットして伴奏部分だけを抽出し、自分の演奏とミックスして公開する行為も(実際にはよく行われていますが)違法にあたります。

口笛演奏などのコンテンツを制作する側として、著作権に十分配慮し、合法かつ倫理的にも問題のない形で投稿することを心がけましょう!

*それぞれ異なるルールが規定されていますので、詳細はご利用の投稿サイトが定める規約をお読みください。

公開するために必要な伴奏の要件

サイトによっても異なりますが一般論として、公開を目的として伴奏を準備するためには、以下のいずれかを選択することになります。

・伴奏を自分で制作する
・権利者から使用許諾を得る
・著作権付きの音源を購入する

まず1つめですが、楽器やコンピューターミュージックが堪能な方は、オリジナリティを高めるためにも自分で伴奏を作るのが間違いなく最良の選択でしょう。

2つ目の使用許諾については、大手レーベルの場合問い合わせてもまず相手にされないと思いますが、楽器教則本に付属の練習用CDなどの場合、問い合わせればかなり高い確率で正式な許諾が得られる場合も多いようですので、是非試してみてください!

3つ目については、伴奏販売サイトから購入する場合がほとんどと思います。著作権フリーが明記されていてそのまま公開用伴奏として使える場合もあれば、別途許諾を得る必要がある場合もあります。

投稿にあたっては細かなルールにも十分配慮して、合法的に、気持ちよく、口笛を楽しむようにしましょう!

次のページへ≫