口笛上達のコツ

よくお問い合わせフォームから頂くメールに「口笛がうまくなるにはどうしたらいいですか?」というものがあります。

これは大変に難しい質問だと思いますが、様々な状況を伺った上で可能な限り適切な回答が出来るよう心がけ個別に返信を行ってきました。

ただ、あまりにも共通の質問が多いことから、くちぶえ音楽院コンテンツとして「上達のコツ」をまとめ、公開する必要性を感じました。

このページの内容が少しでもあなたの口笛上達のお役に立てたなら嬉しいです。

1.目的意識を持って!

口笛に限ったことではありませんが、強い意志があるのと無いのとでは、上達のスピードが全く違います。分かり易い所では、なんとなく趣味で英会話をはじめたひとと、業務上緊急に英会話力の向上が必須となって英会話スクールに通いはじめた人とでは、同じ先生の英会話レッスンを受けたとしても後者のほうが圧倒的に上達ペースが速いことは誰にでも容易に想像できるでしょう。

口笛も同じで、「コンテストで好成績を残したい」「来月のコンサートに向けて技術を磨きたい」「口笛の魅力を広く一般に伝えたい」といった明確な目的意識がその後の上達ペースを決定付ける主な要因になります。

最初のうちは目的がどんなに小さなものであっても構いません。家族がいるなら「来月の誕生日パーティで親に口笛の生演奏をプレゼントしたい」ということが目的であっても十分に素敵だと思いますし、路上ライブ、YouTube投稿、または単に「口笛であの子の気が惹きたい」ということが動機であっても良いと思います。

ただ、全く目的無しに「なんとなくうまくなったらいいな」では上達ペースが非常にゆるやかになりますので口笛の練習に先立って、まずは小さな目的、目標を作ることからはじめてみましょう。

スタート前の準備でその後の成果に必ず大きな差が生まれます!

2.くちぶえ音楽院のコンテンツを隅々までチェック!

手前味噌で恐縮ですが、くちぶえ音楽院は口笛の吹き方から高度な奏法解説、音楽的な情感のつけ方までを体系的に幅広くカバーしています。

通常であれば公表しないような特殊技術についてもすべて包み隠さず一般に方法を公表することをサイトポリシーとしていますので、基本的にはコンテンツを隅々まで読んでいただければお金をかけずにひととおりの技術、ノウハウを獲得することが出来るようになっています。

分かりづらい部分はフォームからお問い合わせいただければ個別に回答させていただいています。また、お問い合わせや要望が多い項目に関しては今後も随時、コンテンツとして一般公開しますので定期的にチェックしていただくと上達に役立つと思います。

3.お気に入りの口笛奏者の演奏を分析、マネしよう!

これも口笛に限った話ではありませんが、上達したいのであれば自分が本当に好きな奏者の「モノマネ」からはじめるのが上達の近道です。

いきなり自分で「ある楽曲」のニュアンスを工夫してオリジナリティのある演奏をするのは初心者にとってかなり無理があり、実質的にはほぼ不可能です。

YouTube動画で好きな奏者が吹いていたアドリブを(本来、アドリブは演奏のたびに変化するものですが)全く同じようにまねてみたり、イントネーション、奏法、ポルタメントなどもまねて吹くことでだんだんとそれが自分のものになり、別の楽曲でも自分なりに利用できるようになっていきます。

マネをするためには、どこをどう吹いているのか分析することも必要ですが、その分析の過程は「どうしてその奏者の演奏が自分には気持ちよく聞こえるのか」を体系的、客観的に理解するきっかけにもなります。

芸術の分野では「〇〇(人名)の影響を強く受けている」といった表現が良くされますが、それは〇〇(人名)のマネをすることによって技術を身につけ、さらに自分なりに発展させ開花させたことにほかなりません。

気持ち的に単にマネをすることに抵抗がある方は多いかもしれませんが、将来的にその技術を自分流に発展させるところまでを見据えて、まずはマネに徹してみてください。

4.自分の演奏を録音してみよう!

口笛というのは自分が聞こえているほど、他人には良く聞こえないものです。それを客観的に知る方法が録音です。

これには空気を通して耳に伝わる音と、骨を通して伝わる音の質的な違いも関係していますが、この点の詳細についてはここでは割愛します。とにかく、「自分が聞こえている音」と、「人に届いている音」が違うという結論部分だけここでは意識しておいてください。

さて本題ですが、自分が一番口笛が上手いと思っている人は案外多いのではないでしょうか?

人の演奏を聴くと微妙なピッチのずれが気になったり、タイミングのずれなどニュアンスのつけ方も気になる場合が多いと思います。一方で、自分の演奏は完璧であると自負する方は多いと思いますが、そんなあなたには、是非自分の口笛の演奏を録音して、聴いてみることを強くお勧めします。

録音はテープレコーダーでも、MP3レコーダーでもビデオカメラでもDAWでも、音が録音できれば何でも問題ありません。

音を録音して聞くと、自分の演奏技術を客観的に評価できるはずです。

「思っていたより駄目だった・・・」
「ピッチも甘い・・・」
「自分では魅力的なニュアンスだったつもりが自分の演奏に酔ってるだけのように聞こえる・・・」

録音して聴くことで必ず多くの発見が生まれます。改善点が明確になったら、こんどはそれを踏まえてもう一度録音してみましょう。

すると今度は、また別の問題が浮き彫りになるはずです。

これを繰り返すことで口笛は飛躍的に上達します。是非お試しください。

5.口笛奏者への弟子入り!

前に好きな奏者の演奏を分析したり、真似したりすることをお勧めしましたが、もっと手っ取り早く、正確に技術を習得したいのであれば、やはり本人から習う以上の方法はありません。

口笛奏者を名乗っている方が国内に数名いらっしゃいますが、演奏活動だけでなくレッスンを行っているかたもたくさんいます。

基本的に個人ベースである点と、お金がかかるのがネックで、くちぶえ音楽院としても安易に紹介してしまうと詐欺まがいのトラブルや出会い系サイトで発生しがちな問題を助長しかねないため、商業ベースの口笛教室の案内は現在のところ見合わせています(現時点では未定)。

自己責任ではありますが、過去の実績を参考にしたり(奏者のプロフィールページではなく大会HPもチェック)、年齢、性別、写真、ブログやHPの文体などから「この人なら」と思える人がいれば個人レッスンを依頼したり、教室に通ってみるとよいでしょう。

6.口笛サークルに加入しよう!

サークルに加入するのはモチベーションを維持するためにとても有用な方法です!

くちぶえ音楽院としても以下のページで全国の口笛サークルをご紹介しています。

口笛サークルのご紹介

定期的に演奏会を開催しているサークルは目的意識などもはっきりするため技術の向上という意味で有利です。

過去に大きな大会で上位成績を獲得した有力なメンバーが在籍するサークルであれば、先生と生徒の関係で口笛教室に通うよりもむしろ効率がよいと思います(仲間としての関係)。

7.歌を練習しよう!

歌が音痴(オンチ) な人は大抵、口笛でも正確な音程がとれません。逆に、口笛がうまい人は歌もうまい場合がほとんどです。

もちろん、声の勢いや質的なものが優れていてボーカルも務められるレベルの口笛奏者となればごく稀ですが、少なくとも、正確に音程をとったり、質の良いニュアンス、情感をつけることに関しては一般以上のレベルである奏者がほとんどです。

実際、口笛演奏会に行くと、アンコール曲は歌であったり、10曲中1曲程度は歌であったりする場合も多いことに最初は驚かれるかと思います。

もちろん、「歌がうまいからといって、口笛が上手い」ということにはなりませんが、「口笛が上手ければ歌がうまい」ということは出来ます。

つまり「歌が下手で、口笛が上手い」ということは通常ありえません!

耳でしっかりピッチを聞き分ける能力とリアルタイムで音をコントロールする能力が口笛も歌も共通して必要とされるため、歌の練習をすることは口笛の技術向上に直接的に役立つのです。

歌は口笛以上に上達へのメソッドが確立されていますので、歌が正しい音程で歌えない方は、まず歌が上手に歌えるように練習をすると口笛の上達が早まります。

8.継続は力なり!

長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。

これだけの記事を読み進めることが出来たあなたはそれだけ口笛に対する強い気持ちがある証拠です。今の気持ちを忘れずに練習を継続してください。

最後に1つだけ付け加えるとするならば「継続」です。

「楽してプロ並みの技術を身につける」なんていう都合の良い方法は絶対に存在しません。メソッドを知ることである程度上達の曲線を押し上げることは出来ますが、あるところで頭打ちになり、それがなかなか打ち破れず、本気であればこそスランプに陥り苦労や苦悩を経験するはずです。

それでもとにかくあきらめず続けることが大切です。

そうすれば必ずいつか突破口が見えてきます。是非長い目で口笛の練習に取り組んでください。

次のページへ≫