国際口笛コンテスト(MMW2019):結果

審査結果

口笛世界チャンピオン(総合優勝)

柴田 晶子(日本)

総合

1位:Akiko Shibata (Japan)*女性1位
2位:Yuki Takeda (Japan)*男性1位
3位:Marisa Pons (Spain)

​生バンド部門(STAGE3)

1位:Christian Smeltzer (USA, NY)
2位:Marisa Pons (Spain)
3位: Akiko Shibata (Japan)

弾き吹き部門

1位:Yuki Takeda (Japan)
2位:Yudai Takenaka (Japan)
3位:Akiko Shibata (Japan)

ポピュラー音源伴奏部門(STAGE2)

1位:Emily Kehmeier (USA)
2位:David Eberius (USA)
3位:Barbara Jauslin (USA)

クラシック音源伴奏部門(StaGE3)

1位:Akiko Shibata (Japan)
2位:Yudai Takenaka (Japan)
3位:Marisa Pons (Spain)

アライドアーツ

1位:Akiko Shibata (Japan)
2位:Tracy Echeverri (USA)
3位:Yudai Takenaka (Japan)

Allen deHart Award 2019

女性:Kimiko Wakiyama (Japan)
男性:Mitch Hider. (USA)

大会名称

The MASTERS of Musical Whistling (MMW2019)
大会公式HP:https://www.mastersofwhistling.com/

主催者

Carole Anne Kaufman (The Whistling Diva)

カテゴリー

MMW2019では以下の5つの部門が設定され、部門ごとに順位が競われ表彰されます。オーディションを通過すれば、複数または全ての部門への出場が可能で、生バンド部門を含む複数の部門へ参加した人の中から総合優勝者(World Champion)が決定されます。

1.音源伴奏部門(クラシック)
自身で予め準備(録音)した伴奏に合わせクラシック楽曲を口笛で演奏する部門

2.音源伴奏部門(ポピュラー)
自身で予め準備(録音)した伴奏に合わせ現代曲(ポップス)を口笛で演奏する部門

3.生バンド部門(ポピュラー)
音源を使用せず、大会が手配した生バンドに合わせて演奏する部門。音源伴奏部門とは異なり、わずか数回のリハーサルで微妙なタイミングやノリをアーティスト間で合わせる必要があり、やや難度が高いカテゴリーといえます。本大会の目玉企画でもあり、総合優勝するためには生バンド部門への出場が(規定上)必須となっています。

4.弾き吹き部門(クラシックまたはポピュラー)
自身で楽器を演奏しながら口笛を吹く部門(いわゆる、弾き語りスタイル)。楽曲や楽器の種類は不問。

5.アライドアーツ
口笛と別の技術を組み合わせた総合的演出力が競われる部門。組み合わせる技術については明確な制限は無く、口笛+歌、口笛+手品、口笛+ダンスなど、参加者の工夫、発想力が求められます。

タイムライン

オーディション
大会に参加するためには、まず予備審査を通過する必要があります。予備審査に参加するためには出場を希望する部門ごとに、自身の口笛演奏動画をYouTube等の動画サイトへ投稿し、その動画のリンク、氏名、部門名等の必要事項をオンラインフォームまたはメール(mastersofwhistling@gmail.com)で送信する必要があります(英語のみ)。動画は1年以内に制作されたものであり、口笛のみのアカペラは失格対象となります。

受付期間は以下の通りです。
2019年2月15日~2019年4月15日

*追加費用を支払うことでオーディション期間経過後の応募も可能となっています。
*参加費がやや高額なため全部門にエントリーする場合はそれなりの費用となることにご注意ください(1部門100USD、追加1部門ごとに+75USD)

オーディション結果通知
予選通過者には、動画のリンク送信後、概ね10日以内に事務局から連絡があります。

大会開催期間
2019年8月23日~2019年8月24日

会場

Pasadena Convention Center(アメリカ カリフォルニア州)

関連コンテンツ>口笛コンクール

闇営業問題は口笛奏者にとって対岸の火事か?

最近、芸能界の闇営業について色々と言われていますが、口笛アーティストにとっても、対岸の火事ではなく、ひとつの教訓として学ぶべき事案であると捉えています。

「口笛奏者」は世界的にそれほど広く認知されてはいないものの、特に日本においては近年多くのCMやサウンドロゴにおいて口笛が採用されており、少し名の知れた口笛奏者であれば、いわゆる「直」で、様々なオファーを頂くケースが実際には多いものと思います。

当サイトにおいても、テレビ局や様々なメディア関係者から多くのお引き合いを頂きますが、大半は大手メディアの「制作請負会社」からのご依頼であって、その請負会社が反社と関係しているのかどうかを厳密に調査することは容易ではありません。

上場企業の場合は、上場に関わる審査過程において反社でないことがすでに確認されているため、リスク無くお付き合いすることが出来ますが、経験上、実務的な依頼が大手テレビ局から直接入るようなことは殆どありません。

そうなると、口笛奏者に対する業務依頼は、一般にはあまり知られていない企業からの依頼が大半を占めることとなり、口笛奏者は、「大手テレビ局で放送される番組の制作請負会社」=「上場企業との取引がある会社」=「反社との関りはない」と「推定」せざるを得ないことになります。しかし、今回の吉本の件においても、そのような「推定」が必ずしも確からしいとは言えないことが明らかとなっています。

当サイトにおいては、口笛の普及推進・振興を図るため、これまで、積極的に各種依頼への対応、または、口笛奏者に対するビジネス案件の「仲介」を行ってきましたが、今回の件を教訓とし、以下の方針にて当面の間、対応させて頂きます。

  • 有償無償に関わらず、案件依頼者が上場企業に所属していることがメールアドレスドメインから確認できない場合、当面、一切の口笛関係の業務依頼に対する仲介(ご紹介)は当サイトでは行いません。
  • 同様に、上場企業以外からの業務依頼についてはリスク回避の観点から、当面原則としてすべてお断りさせて頂きます。
  • ビジネス目的ではない、一般の方からの口笛に関する各種お問い合わせについては、これまで通り対応させて頂きます。

ご理解くださいますよう宜しくお願いいたします。

口笛情報サイト くちぶえ音楽院 鳥鳴響

口笛世界大会2020開催決定

口笛世界大会2020(WWC2020)の開催が決定しました。現時点で判明している情報を以下に掲載します。

大会名称

 The World Whistlers Convention 2020
 口笛世界大会 2020
 WWC2020(略称)

主催者

 ジャパン・ウィスリング・コンフェデレーション(JWC)
 http://whistling.jp

タイムライン

音源審査受付期間
 2019年10月1日〜10月31日

音源審査結果通知
 2019年12月20日

大会開催期間
 2020年4月11日(土)〜12日(日)

開催場所

会場
 川崎市男女共同参画センター・すくらむ21ホール(850席)
住所
 神奈川県川崎市高津区溝口2丁目20番1号

WWC2020