国際口笛コンテスト:MMW2019

国際口笛コンテスト(MMW2019)

このページでは、国際口笛コンテスト(The MASTERS of Musical Whistling 2019)の概要と結果について掲載しています。

大会概要

大会の概要は以下の通りです。尚、MMWは2015年7月に第1回が開催され、今回が3回目の開催となります(西暦奇数年の隔年開催)。

大会名称
正式名称The MASTERS of Musical Whistling 2019
略称MMW2019
日本語名称国際口笛コンテスト 2019
場所
開催地アメリカ カリフォルニア州
会場Pasadena Convention Center
運営
主催者Carole Anne Kaufman (The Whistling Diva)
審査員Ryosuke Takeuchi
Derek Bodkin
Melodee Fernandez
Geert Chatrou
タイムライン
音源審査受付期間2019/2/15~2019/7/31
大会開催期間2019/8/23~2019/8/24
費用
音源審査料(予選)無料
但し、2019年4月15日以降の提出については有料(50 USD~)
本選審査料1部門100 USD
追加1部門ごとに+75 USD
一般入場料アライドアーツ部門:20 USD(前夜コンサート込)
音源伴奏部門:10 USD
弾き吹き部門:10 USD
生バンド部門:15 USD

審査カテゴリー

音源審査により、Stage 1(初級)、Stage 2(中級)、Stage 3(上級)の3つのグループにレベル分けされます。世界チャンピオンとなるためにはStage 3に分類されることが必須となります。

部門ごとに審査が行われ、各部門、3位までが表彰されます。また、総合順位が別途決定され、1名の世界チャンピオンが誕生します。

審査部門概要
音源伴奏部門(クラシック)自身で予め準備(録音)した伴奏に合わせクラシック楽曲を口笛で演奏する部門
対象:Stage 2,3
音源伴奏部門(ポピュラー)自身で予め準備(録音)した伴奏に合わせ現代曲(ポップス)を口笛で演奏する部門
対象:Stage 1,2
生バンド部門(ポピュラー)主催者が手配したバンドによる生演奏に合わせ、現代曲を口笛で演奏する部門
対象:Stage 3
弾き吹き部門自身で楽器を演奏しながら口笛を吹く部門(弾き語り)。楽曲や楽器の種類は自由
対象:Stage 1~3
アライドアーツ総合芸術部門。口笛に別の要素を加え自由にパフォーマンスを行う部門(口笛+ダンス、口笛+寸劇など)
対象:Stage 1~3

審査結果

大会結果は以下の通りです(Stage 1,2については割愛)。

審査部門受賞者
世界チャンピオン柴田 晶子
総合1位:Akiko Shibata (Japan)
2位:Yuki Takeda (Japan)
3位:Marisa Pons (Spain)
音源伴奏部門(クラシック)1位:Akiko Shibata (Japan)
2位:Yudai Takenaka (Japan)
3位:Marisa Pons (Spain)
生バンド部門(ポピュラー)1位:Christian Smeltzer (USA)
2位:Marisa Pons (Spain)
3位:Akiko Shibata (Japan)
弾き吹き部門1位:Yuki Takeda (Japan)
2位:Yudai Takenaka (Japan)
3位:Akiko Shibata (Japan)
アライドアーツ1位:Akiko Shibata (Japan)
2位:Tracy Echeverri (USA)
3位:Yudai Takenaka (Japan)
口笛奏者 柴田晶子 柴田晶子:Masters of Musical Whistling 2019優勝 参考 The MASTERS of Musical Whistling大会公式サイト(英語)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは承認制です。管理者による確認後、コメント欄に反映されます。